HOME 質問コーナー ≫ 賃貸アパートに関するQ&A

賃貸アパートに関するQ&A

その他のご質問はお問い合わせフォームからどうぞ!
お問い合わせフォーム

物件探しはいつから始めるのが一般的ですか?

物件の空き情報は早くて空きの出る1ヶ月前から出て参りまして、その場合オーナーさんはテナントが住んでいる間にアパートをお見せ致します。ですがテナントが退去してからアパートを見せ始めるオーナーさんも多くおられまして、その場合はアパートが既に空いているため、契約もそこから発生するケースが多くなっておりますので、現在住んでいるところの契約と期間が重なるケースも出てくるでしょう。

通常何件くらい物件を見ますか?

こちらではいい物件は1日でなくなってしまうことも多くなっております。来られたばかりの方はいくつかの物件を見られて比較をされるのが宜しいかと思いますが、いい物件を見つけられたらすぐにアプリケーションの手続きをされる事をお勧め致します。

収入のない学生でもアパートを借りることが出来ますか?

当社を通してアパートをお貸しされているオーナーさんの中には、厳しい収入審査無しでアパートを貸してくださる方も一部おられますが、通常多くのオーナーさんが収入審査やクレジットチェックを行われます。一般的には、収入がない方の場合、アメリカ国内の保証人をたてるか、1年分の家賃を前払いすることでアパートをお借りすることができるケースが多くなっております。

審査に必要なものは何ですか?

一般的に必ず必要になるのが、クレジットリポート(クレジットスコアー&クレジットヒストリー)と過去3ヶ月ほどの給与明細となっております。その他には、前の年のタックスリターンの書類(源泉徴収書)、残高証明書、勤務先からの雇用レター、ソーシャルセキュリティーカードのコピー、ドライバーズライセンスやパスポートなどのIDのコピーとなっております。保証人を立てる際には、その方からの同様の書類の提出が必要となって参ります。またこちらでアパートをお借りるするためには、通常家賃の40倍以上の収入が必要といわれており、保証人を立てる場合には、保証人の方の収入が家賃の90倍ほど必要となって参ります。

審査、契約時にかかる費用は?

最初の月の家賃とデポジット(1~3ヶ月分の家賃と同額分)、手数料が契約時に必要となって参ります。通常の賃貸ビルの場合、クレジットチェックやバックグラウンドチェックをするための費用を審査の際に請求されるケースがございまして、これは通常返却されません。大体$25~50ほどです。コープやコンドミニアムの場合は、プロセッシングフィーとして$200~$1000ほど別途にかかって参ります。

契約にはどのくらいの期間がかかりますか?

一般の賃貸ビルの場合は、早ければ1~3日ほどで完了致します。コンドミニアムの場合は3日から1ヶ月、コープの場合は3週間以上かかる場合がございます。

コンドミニアムとコープの違いは?

コンドミニアムは日本の分譲アパートと同じタイプのものです。ビル内の各オーナーがそれぞれのユニットを所有しており、契約はオーナーとの間のものとなります。コープは日本にはないタイプでして、ビル内の各オーナーがビルの株式を所有し、ビルを共同運営していく形態となっております。厳密に言うと、コープのオーナーは自身のユニットを所有はしておりません。どちらの場合も、通常の賃貸アパートをお借りする時よりアプリケーションに費用も時間も多くかかって参りますが、一般的にコープの審査が一番厳しいと言われております。

契約期間はどのくらいからとなっていますか?

通常1年もしくは2年契約となっております。契約が切れる60日ほど前に、オーナーや管理会社から更新通知が届きますので、更新するかしないかをオーナーに通知していただきます。契約を更新される際は、多くの場合家賃が値上げされますが、レント・コントロール(rent-controlled)や、レント・スタビライズ(rent-stabilized)の対象となっている物件では大幅な値上げはありません。

契約の途中解約は出来ますか?

契約書にあらかじめ契約解除に関する項目が含まれていれば可能ですが、そうでない場合は、通常残りの期間の家賃もお支払いする義務が生じます。その場合はオーナーの許可を得てサブレット(又貸し)をし、その家賃をオーナーに支払う形となります。また次のテナントが見つかればそこで解除してくださるケースもございます。

家具は付いていますか?

通常の賃貸アパートには家具は付いておりません。付いているのは冷蔵庫とクッキングストーブ、暖房器具くらいでして、それ以外はご自身で揃えていただく形となります。一方で高級アパートには、その他に電子レンジや冷房器具、食器洗い機や洗濯機/乾燥機が付いているケースが多くなっております。家具が既に付いている物件もございますが、それらは短期滞在用のアパートとなっている場合が多く、お家賃が通常のものよりもかなり高めに設定されております。レンタル家具をご利用することも可能です。

ランドリーは付いていますか?

新築の賃貸ビルでない限り、アパート内に洗濯機や乾燥機が付いていることはほとんどありません。古いアパートが多いニューヨークでは、通常契約書の中に洗濯機や乾燥機の取り付けが禁止されている項目が含まれていることが多くなっております。ビル内の地下などに共同のランドリールームがあるケースはございますが、やはりそういった物件の数も少なくなっております。

アパート内でペットを飼うことは可能ですか?

ペットOKのビルディングは少なくなっており、特に犬との入居が可能な物件は大変少なくなっております。ペットをお持ちの場合は、かなり前から物件探しをされることをお勧め致します。

契約の際の支払い方法は?

オーナーや管理会社によって異なって参りますが、通常現金、もしくは"Certified Check"か"Bank Check"での支払いとなっております。これらのチェックは銀行によって支払いを保証されたものとなっており、どこの銀行でも簡単に作成することができます。その後の家賃の支払いは、通常パーソナルチェックでの支払いも可能となっており、郵送で支払うケースが多くなっております。

家賃に含まれているものは何ですか?

通常水道代と暖房費は家賃に含まれております。それ以外の電気代や料理をする際のガス代はご自身での負担となっております。

電気やガス、インターネットなどの手配の仕方は?

電気、ガス:住まわれているエリアをカバーしている電気、ガス会社に電話をすることで簡単に申し込むことが出来ます。その際に住所と名前、ソーシャルセキュリティー番号(ない場合にはパスポート番号)をお伝えし、そのアパートに対して既にアカウントがある場合には名前を変更するだけで毎月請求書が送られてくるようになります。アカウントが閉じられている場合には、アポイントメントを取り、担当者にビルまで来ていただく形となりますので、その際にはビルの管理人にも立ち会っていただく形となります。

インターネット:こちらでは通常、電話会社かケーブルテレビ会社を通してプロバイダー契約をしますが、その際にはまず電話をしてアポイントメントを取っていただきます。その後担当者がアパートまで来られますので、その際にモデム等の設置をしていただきます。電話線やケーブルが引かれていない場合には簡単な設置工事が必要となって参ります。

テレビ、電話:インターネットと同様に、まずは電話をしてアポイントメントを取っていただきます。その後担当者がアパートに来られますので、ケーブルTVボックスの設置をしていただきます。電話線やケーブルが引かれていない場合には、簡単な設置工事が必要となって参ります。ケーブルTVボックスの設置をお頼みされる場合には、必ずテレビもご用意ください。一緒にDVDプレイヤーも用意しておくといいでしょう。最近では電話会社もケーブルテレビのサービスを提供しており、その際には1つの会社で全てのサービス(テレビ、電話、インターネット)をご利用いただけます。

PAGE TOP